初めて実印をつくる方に向けての種類や素材の説明

実印は一生ものとよく言われていますから、できる限り市販されているものを使うのではなくて、お店に依頼して作ってもらうことをおすすめします。しかしながら、これから印鑑を作るとなるとどんな風に作っていけば良いのか、どのような印鑑なら良いのか分からないのではないでしょうか。使える印鑑本体の素材もたくさんありますし、自分の名前を表す字体も豊富にあります。基本的には好みのものを使っていいのですが、長く大切に使っていくと思うのであれば、お金を掛けて全体的にこだわりぬいた方が愛着も湧くのでおすすめです。お店によって取り扱っている本体の素材や字体の種類はかなり違っていますので、複数のお店を比較しながら気に入る雰囲気の印鑑があるかまずは見ていくと良いでしょう。

材質の種類をよく比較していくと

印鑑に使える本体の素材は、大きく分ければ木材系、そして動物の角や牙等を使っているもの、そして今時らしい印象の金属や樹脂を使ったタイプがあります。素材が違うと何が変わってくるのかというと、一番分かりやすいのは値段です。貴重な素材だと高くなりますし、手に入りやすい素材であれば製作する時の価格を抑えることもできます。また、耐久性も変わりますので、何度も押していくことによる欠けや変形、経年劣化などにどれぐらい耐えられるのかも変わってくるのです。もし可能であれば、一度はお店に足を運んでみて印鑑の素材を見せてもらったり、品物をチェックしておくのもよいでしょう。持った時の手触りや押し心地、そして印鑑そのものの印象なども素材が変わると雰囲気も変わるので、愛着を持てそうなものを探してみて下さい。

実際にどんな素材があるのかよく見てみよう

一般的によく名前を聞く素材としては、象牙ではないでしょうか。文字通り象の牙ですから、素材としては高価な部類に入るものの、耐久性も高く朱肉もつきやすいので、押した時の印も綺麗です。水牛などもよく使われている素材です。木材系であればつげがよく使われますが、特に薩摩本つげは昔から高級な素材として利用されています。エコなものなら彩華や楓などもいいでしょう。人気が上昇している素材としては、抜群の耐久性を誇るチタンがあります。金属らしいスマートな印象の本体ですが、錆びにくく押しやすいと言われています。また、印鑑は小さく落としやすいですが、実印を落としてしまうと大変です。そういった時でも耐久性が高いため欠けにくいので、長く使っていくのにも優れているという特徴があります。