初めて実印をつくる方に向けての認印との違いの説明

日常生活の中で使う印鑑もたくさんありますが、人によっては大きさや文字の形が違うぐらいで、どれも同じようなものと思っているかもしれません。今は手軽にディスカウントショップで三文判も手に入るぐらいですから、馴染み深いものにはなりつつあります。けれども、実際には実印や認印など、いろんな印鑑があり、それぞれが持つ役割というのも全く違ってきます。日常的に気軽に使う印鑑と、契約などの書類に使うような印鑑と大まかに違うのだと思えば分かりやすいでしょうか。それぞれの役割の違いを理解して、これから印鑑を作ろうと思っているのであれば、それに適したシーンで使えるように自分らしい形、素材、文字なども選んで作ってみることで、それぞれの印鑑に愛着も湧き大切にできるでしょう。

認印とはどんな印鑑なのか知っておこう

印鑑の中でもポピュラーで名前もよく聞くのが認印です。名前そのものの意味ですが、書類などを「読みました」「内容の確認をしました」というような作業で「認めました」ということを示す時に使う印鑑です。あくまで一般的な日常生活の中で使うだけのものなので、何か法的効力がある印鑑ではありません。会社などで気軽に押すような印鑑については、認印を使っていると思って差し支えありません。宅配便が届いた時にやり取りをして押す印鑑も広義では認印だと思ってもいいでしょう。その為、印鑑を押した時に個人を証明する力としてはそれなりのものというぐらいです。小さめの、場合によっては安価で手に入る印鑑を使うことも多いので、普段使っているものは大抵こちらに含めてもよいかも知れません。

実印とはどのような印鑑になるのか

自分自身が持つことのできる印鑑の中で一番重要とされる印鑑が実印です。ただし、印鑑を作ったとしても、市町村役場に印鑑登録をするまではその他の印鑑と取り扱いはそれほど変わりません。印鑑登録をすることで、自治体から自分を証明する印鑑であるとしてもらえるようになります。よって、使うシーンも住宅の購入など不動産に関わることや、自動車や住宅のローン、遺産相続などの重要な場面の契約などに使われます。ただし気をつけたいこととしては、印鑑登録自体はどんな印鑑であっても行えるという点です。やろうと思えば安い三文判でもできなくはないのですが、セキュリティ面で他の人でも手に入るような印鑑を使うのはよくありません。可能であれば、第三者からも使われないような自分だけの印鑑を作って登録をしましょう。