初め絵実印をつくる方に向けてのおすすめの方法

印鑑は色々な場面で使用する、とても重要なアイテムです。特に印鑑登録をすることで、契約などの重要な時にも活用することが出来る印鑑が「実印」です。サイズや使用する素材によって、仕上がりの雰囲気や重みも異なってきます。印鑑に使用される素材は非常にたくさんあります。その中でも実印に向いているものと向いていないものがあります。印鑑の中でも、一本作ると一生使い続けることが出来るものなので、少し高価なものであっても、きちんとしたものを作ることがおすすめです。オーダーの仕方にもいくつかの方法があります。初めてオーダーする人は、自分に合った方法を選択したほうが良いでしょう。それぞれのメリットデメリットを把握することによって、より自分に合った方法が分かるでしょう。

実店舗でオーダーするメリット・デメリット

印鑑をオーダーする方法として、一般的なものが実店舗でのオーダーです。印鑑専門店や、大型のホームセンターなどで印鑑のオーダーをすることが出来ます。実店舗でオーダーするメリットとしては、実際の印鑑のサイズや素材を見て確認することが出来るという点です。印鑑の大きさは、用途によって適しているものが異なるので、用途を相談して作ると良いでしょう。また、素材の触り心地や光沢の状態なども、実際のサンプルを見ることで、より仕上がりの雰囲気をしっかりと知ることができます。デメリットとしては、オーダーから完成まで時間がかかることです。特にホームセンターでのオーダーは、業者へ再依頼をするのでその分時間が長くかかる傾向があります。オーダーする時には、時間に余裕をもって利用しましょう。

インターネット通販でのメリット・デメリット

近くに実店舗がない場合や、手軽に印鑑のオーダーをしたいという場合には、インターネット通販を利用することも出来ます。インターネット通販を利用するメリットとしては、時間や場所を気にすることなく、欲しいと思った時にすぐにオーダーできるという点です。直接業者へオーダーすることが出来るので、納期が早いのも魅力です。また、実店舗よりも価格が安い傾向にあるのがメリットです。デメリットとしては、商品が届くまで実際の商品を見ることが出来ないという点です。使用する素材の雰囲気や、サイズに関しては届くまで実物で確認することが出来ません。色合いなどは、見ている画面によって若干異なる場合もあります。サイズなども表示されているサイズをきちんと確認して、間違えないように注意しましょう。